tml 漢方蟻力神(イーリーシン)精力剤|蟻力神精力剤

女性性機能障害・性嫌悪

「性行為への関心が減り興奮が困難になること」、「オルガズムの障害」、「性行為に関する痛み・挿入障害」などが当てはまります。
女性性機能障害にはどんなものがありますか?
性的関心/興奮障害、オルガズム障害、性器・骨盤痛/挿入障害、物質・薬剤誘発性性機能障害、その他の性機能障害に分類されます。
女性性機能障害はどのように診断されますか?
当院では、性機能についての質問紙には、国際的によく用いられている①女性性機能指数(FSFI) (札幌医大日本語訳)、さらに②性嫌悪質問紙(東邦大式)を用いて評価を行っています。
女性性機能障害の原因はなんですか?
性的関心/興奮障害
生活上のストレス要因、精神的苦悩、また世帯収入の減少が関与としていると言われています。さらに、ホルモン異常(テストステロンやエストロゲンなど)や薬の使用(抗うつ薬、経口避妊薬、ガンに対する化学療法など)は、女性の性欲を減少させる危険因子となります。
性器・骨盤痛/挿入障害
陰部前庭炎、子宮内膜症、尿道憩室、また骨盤や膣の手術歴などが関係しています。
オルガズム障害
最もよくある原因は、女性の生殖器の解剖や正常な性的反応の誤解によるものです。非現実的な期待、技術不足、パートナーとのコミュニケーション不足などが関係しています。
セックス以外でもパートナーとの関係性が良好ではない場合、セックスをしたいと思えないのは「病気」ではありません。特に、交際相手があなたに暴力を振るったり暴言を吐いたりする場合、または互いの理解や共感が不十分と思われる場合、そのような男性パートナーと我慢をしてセックスに応じれば、女性にとって嫌悪感が募るのは当然と言えます。

漢方精力剤人気ランキング

漢方媚薬人気ランキング