持続勃起症

持続勃起症には陰茎海綿体内の血液の戻りが悪く虚血状態になる静脈性持続勃起症と陰茎海綿体内の動脈が破れ動脈血が常に流入する動脈性持続勃起症があります。
動脈性持続勃起症と静脈性持続勃起症はどのように診断しますか?
動脈性持続勃起症の原因は陰茎打撲とくに会陰部打撲が多く、静脈性持続勃起症の原因には陰茎海綿体注射、飲酒や薬物治療、鎌状赤血球性貧血、白血病などがあります。
動脈性持続勃起症の症状は、陰茎の硬度は不完全な状態で痛みを伴わない、静脈性持続勃起症の症状は、陰茎硬度は完全勃起状態で痛みを伴う。
動脈性持続勃起症と静脈性持続勃起症の治療方法は違いますか?
動脈性持続勃起症は陰茎海綿体内の血液の循環がありますので緊急治療は必要ありません。血液溢流部位の圧迫、クーリング、止血剤、抗男性ホルモン剤の投与などの治療を行い、2ヶ月たって改善傾向がなければ血管撮影を行いながら総陰茎動脈の自己凝血塊による塞栓術を行います。自己凝血塊を塞栓物質に使用する理由は陰茎動脈が修復されたあとに再開通を期待するためです。
薬物治療が無効の場合は、直ちにシャント手術を行います。
よく行われるシャント手術は、陰茎陰茎海綿体と亀頭のシャントで、陰茎陰茎海綿体の血液を亀頭に逃がし血液循環を改善します。亀頭に局所麻酔を行い10号のメスを亀頭から陰茎海綿体に貫通させ、メスを90度回転して引き抜く方法(Tシャント)で亀頭から血液が十分な勢いで流出すれば亀頭部の傷を吸収糸で縫合します。血液の流出が不十分な場合はシャントを拡張します。
静脈性持続勃起症後に勃起障害になるのは約50%といわれています。

漢方精力剤人気ランキング

漢方媚薬人気ランキング