よくある質問

1 セックスの悩みは尽きない!

みんな!セックスしとるか!? ワシはしておるぞ!ミナちゃんとのお付き合いは最高じゃて!ワッハッハ! でもな… セックスは誰でも当たり前に出来るもんでもない。 ついついエロい話と絡めて鼻の下を伸ばしてセックス話に華を咲かすこともあるかと思うが、悩んでおるヤツにはかなり深刻な問題だったりするもんじゃ。 ワシの周りにも悩んで相談してくる輩(やから)がおる。 中には20代という若い男もいたりする。そんなヤツからすると、鼻の下を伸ばすどころか胃を痛めるような問題なんじゃ。 そしてワシも他人事ではない。 もっと若い頃から悩みは尽きなかったの。 勃起に関する問題は、年齢や原因によっても変わってくるんじゃ。 ワシの経験も話していくが、もっと勃起について知る必要がある! パートナーである女子も是非知って欲しいことがあるぞ!

2 EDはパートナー(妻・恋人)も悩む原因になる!

「EDが、さらなるEDを生む。」こんなことになっている男は実に多い。 どういうことかと言うと、中折れにしろ、まったく勃起しなかったにしろ、ある時セックスが上手くいかなかった場合、お主のパートナーである妻や恋人は、ちょっと考えるようになってしまう。 「自分に魅力がないのではないか?と…」。 セックスが頓挫することが何度か繰り返されると、その思いを男に伝えることになる。 そうなるとより一層、EDに拍車をかけることになるんじゃ。 それはEDにもタイプがあって、精神的な部分と深く関わっているからに他ならない。

3男心は繊細じゃ!こんな経験はないか?

近では若い男でもこのタイプのEDになってしまうヤツが多いわけじゃが、その一つの原因がインターネットだったりする。
とても手軽にさまざまな情報を探すことが出来るわけじゃが、エッチな画像や動画も非常にたくさん溢れておるな。昔は(というほど昔ではないが…)アダルトビデオをレンタルビデオ屋で借りることなど人によってはちょっとした冒険じゃったな。 店員さんが女性の時など恥ずかしくてそれこそナニが委縮してしまうほどじゃ。ところが今はチョチョイのチョイと見ることが出来る。 しかもこっそりじゃ。自分の好きなように好きな圧力とコントロールによって、一人でイッてしまうことが出来る。 オナニー三昧じゃな! まぁ、それも良かろう。 しかし、それが当たり前になると、生身の裸体でイケない!ということになってしまう男も多いのじゃ! やり過ぎたり、独自の方法を開発するなどしていると、後々ノーマルに戻るのが難しくなるぞ!

4排卵日に萎える!

子作りのためにセックスをしている夫婦にはかなり多いケースだな。 妻から― 「今日、セックスすれば出来そうだから…」 と言われ、それがプレッシャーになるわけだ。やりたい時にやれるわけでもなく、ある意味で失敗は許されない。 「お父さんやお母さんも孫はまだかって期待してるのよ」 なんて言われるとそのプレッシャーはますます増していくわけだな。失敗して嫁からきつく文句を言われ、それが重しとなり再び失敗…。 これがよく言う排卵日EDというやつじゃな。

5セックスが愛情や家庭の平和を生む!

ひとつ、ちょっと変な例を出そう。 猿の仲間であるボノボは、喧嘩が起こったり、新しい仲間と出会ったりすると、コミュニケーションの一環としてセックスを行うことが知られているんじゃ。 仲間と良い関係を築くために、メスとオスの間だけではなく、オス同士やメス同士、子供同士でも行われる。 特にメス同士の性行動を“ホカホカ”というらしいが、群れの平和を守るためにセックスをうまく利用しているわけじゃな。 セックスを繁殖以外の手段に用いているのは、人間とボノボしかおらんわけだが、お主はどうだろうか? 仲がイマイチになってきたからセックスから離れるのではなく、相手と良好な関係を築くためにも、セックスを欠かしてはいかんのじゃよ!

6野外セックスでデング熱に感染!?青姦は危険がいっぱい!

NO SEX NO LIFE! どうじゃみんな、素敵なセックスライフを送っておるか?でもな、やはり場所は選ばなければいかんぞ。 特に今の時代は危険がいっぱいじゃ。洋服が汚れてしまう、といったようなレベルの話ではないぞ。 そもそも人目に触れる場所での性行為そのものは犯罪になり得るからの。そのような場所で警察官に見つかろうものなら、「はい、こっち来て~」と御用になるし、ひょっとしてそれ以上に勃ちが、いや性質が悪いのが、盗撮されてネット上に公開されてしまうことじゃな。 いったんインターネットの世界にアップされてしまうと、どうやらもう消すことは出来んらしいぞ。インターネットは便利だが恐ろしさも兼ね備えておるな。 さらに別の犯罪に巻き込まれてしまうことだってあり得るのじゃ。撮影されるだけでなく、なんと女の子が強姦されてしまうという事件も起こっておる。実に嘆かわしいが、このようなリスクは避けねばいかん。 そして今だと話題の「デング熱」問題じゃ。あえて代々木公園で青姦しようなんて阿呆はおらんだろうし、他の場所なら大丈夫だろ?なんてことでもない。 一番理解せねばならんのは、女子を危険に晒す危険が高いということじゃ。 じじいの戯言も、玉には、いやたまには聞いておくもんだぞ。 

漢方精力剤人気ランキング

漢方媚薬人気ランキング